ダイエット

【チョコレートでダイエット効果?】

投稿日:2019年9月17日 更新日:

 

皆さんは、あの甘いチョコレートではダイエット効果など、全く期待出来ない、
そんな美味しい話なんて存在するはずがないと、おっしゃる方も多いことでしょう。

チョコレートはかつて、神様の食べ物と崇められた時代があったほどです。
19世紀までは、チョコレートは薬として薬局に置かれていました。
今回は、そんなチョコレートの薬効をダイエット効果を皆さんにご紹介いたしましょう。

<秘密は原材料に隠されています>

その秘密はチョコレートの原材料にあると言われています。
その原材料であるカカオ豆は発酵食品であって、ポリフェノールをも豊富に含む健康
的な食品と考えられるようになりました。チョコレートは美味しさだけでなく、脂肪
燃焼効果からダイエット効果も明らかなんです。
おすすめは、カカオが70%以上のハイカカオチョコレートです。

<おすすめは70%以上のカカオ!>

このチョコレート効果を得るポイントに、カカオ70%以上のものを選んでください。
カカオの含有量が多いものほど、ダイエット効果があります。
昔、カカオドリンクを愛飲したマヤ王朝は当時でありながら80代の長寿がいたほどです。
チョコレートは、発酵したカカオ豆をすりつぶしたカカオマスに砂糖と乳製品から作られています。
そして、カカオマスの使用量によってバター、ミルクなどの呼び方が変わります。
普通は、70%以上ものがハイカカオチョコレ―トと呼ばれています。
そんなことから、カカオは身体やダイエットに良い栄養素をたくさん含むスーパーフードです。
それに、カカオ成分が高くなれば香りも増して、食べ慣れますとハイカカオチョコレート
の苦味もなかなかのもので、食べて大人の味を感じ、また、ダイエットにとおすすめです。

<注目のカカオ栄養成分に注目すると>

カカオの高い香りと甘みで、ストレスを感じることなく、ダイエット効果を期待でき
ることが最大の魅力ですね。
そして、抗酸化物質のポリフェノールが多く含まれているのもうれしいですね。
ポリフェノールには、植物が酸素などの酸化ストレスから、自分を守るために作り出す
天然の抗酸化物質と言えましょう。その量を考えると、例えば、カカオが85%の
チョコレートならば、ポリフェノールの量は赤ワインの16倍に匹敵すると言われています。
従って、カカオには、スーパーフードとして注目のダイエット食品です。

<スーパーフードと言える理由とは>

ダイエットの分野でスーパーフードと言える理由は、チョコレートの主成分であるカカオに
は、100g当たり17gの食物繊維を含んでいることです。これはゴボウの3倍の量で匹敵します。
しかも、糖分の吸収を妨げるリグニンという不溶性の食物繊維は、コレステロール値を下げる働きもあります。
また、カカオプロテインと言った消化されにくいタンパク質が含まれています。
このタンパク質は、大腸まで届いて善玉菌のエサになって、腸内環境を整えてくれます。

<食べるタイミングと食べ方は>

ハイカカオチョコレートは、食前に食べると、食欲を抑える効果があると言われています。
下記の食べるタイミングを参考に、ご自分のライフスタイルに合った食べ方を見つけては、いかがでしょうか。
1回の量は5gで、この量ならば体重や体脂肪に影響ないそうです。

ハイカカオチョコレートは、普通のミルクチョコレートよりも糖質量が少なく、
食物繊維やポリフェノールの量とされるハイカカオチョコレートは、食欲のコントロ―ルや血糖値の上昇を抑える機能があります。
なかには、糖尿病の治療に使用する医師さえいると聞いています。
この主役がチョコレートに含まれるポリフェノールです。しかし、この成分は水溶性です
ので、効果は3時間ほどと言われます。従って、一度にたくさん食べたしても、すぐに排出されてしまうことを考えると、
少しずつ食べ続けることが大切です。
食べ方は、カカオ70%以上のチョコレート5gを1日に5回に分けて25g食べるとよいそうです。
そうです。約4週間で変化を期待できるそうです。

<25gに大きな意味が>

カカオのポリフェノールには、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
腸内環境は、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス性を整えることが大切で、血液の流れや腸内環境を考えた
場合に1日25gのチョコレートの量が大切と言われています。

<食欲コントロールと血糖値上昇を>

カカオ70%以上のハイカカオチョコレートは、食後に血糖値を急上昇させないので、低GI食品に分類されています。
そのために、少量であれば食前や間食の利用で食欲コントロールができます!
また、含有成分のステアリン酸は、体内に吸収されにくいため、食前に摂取することで、糖分の吸収をスローにする機能から
食後の血糖値の急上昇を抑えます。

まとめ

いかがでしょうか。
チョコレートの原材料のカカオ豆は、ポリフェノールと食物繊維を含む優秀な食品と言えましょう。
カカオの栄養成分に腸内環境を整える食物繊維と抗酸化力を持つポリフェノールのパワーで食欲をコントロールしてみては、
いかがでしょう。食べて美味しく、ダイエットに役立ててください。

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

置き換えながらで健康的なダイエット!豊富な栄養を含むブロッコリー

  目次です1 ■優秀な野菜を使ったダイエット2 ■飽きない工夫が大切3 ■満腹感を得られるスープの作り方4 ■筋トレとの相性の良さ ■優秀な野菜を使ったダイエット   置き換え系 …

ドクターX出演今田 美桜インスタグラムの服装可愛い! 学生時代の彼氏は!

ドクターX出演今田 美桜インスタグラムの服装可愛い! 学生時代の彼氏は! 今田美桜さんは「福岡で一番かわいい女の子」のキャッチフレーズで有名になりました。 若さに見合わず演技力が高く、かわいい容姿で今 …

脂質と糖質はダイエットに天敵?

  皆さんは、普段の食生活でどちらの方を摂っていますか? つい手が伸びてしまうのは、甘いもの系それともこってり系? どちらにしても、その魅力にはまるとどうでしょう。太るだけでなく、健康にもよ …

食べたものを記録する!レコーディングダイエットは成功するか

  目次です1 ■記録するのがポイントのダイエット方法なにかを制限するのではなく、自分が食べたものを記録していくだけで痩せられると言われたのがレコーディングダイエットです。2 ■なんでも食べ …

腸内環境を整える!健康的なヨーグルトダイエット

  目次です1 ■食べて健康にダイエット2 ■ヨーグルトの働き3 ■ヨーグルトを使った断食4 ■手軽に置き換えダイエット ■食べて健康にダイエット   食べると痩せると言われるダイ …